髪の美しさに効果抜群とされるアウトバスアイテム、本当に美髪になれる?

まいにちのシャンプーやリンス、ブラッシングに食生活はいずれも美髪のために大切ですが、それ以上に即効性が高いと言われているのが「ヘアケア用のアウトバスのオイルや美容液ケア」。
お風呂上りの乾いた髪や濡れた髪につけて、そのままドライするタイプが圧倒的です。
「枝毛をもとどおりに1本の美しい髪に接着する」「髪の表面にはりとこしをあたえる」などなど、さまざまな製品が出ていますが、本当に効果があるのでしょうか?
今回は、アウトバスアイテムについてご紹介します。

●本当に枝毛やキレ毛はくっつくの?
答えはNOです。
一度水を吸って内側から切れたり裂けてしまった毛は、本当にその中身がしっかりとくっついてもとの髪のように成長したりなめらかな組織形状になることはありません。
よくこうしたものをくっつけてといったアイテムがありますが、それは内部の空洞などを、樹脂やオイルなどを混合した薬剤で内部充填してしまう物。
乾燥で残留するモノの量はそこそこすくないため、完全に満たせるのかというと疑問が残ります。
また一度そうした部位に大量の薬剤を送り込んだ後、加熱でそこから逃げづらいようにシールするといった加工方法もありますが、こちらも毎日のシャンプーではそれなりに流出してしまいます。
一度できてしまったらそこから毎日のシャンプーでさらに進行しがちですが、枝毛の範囲が多ければ切り落としてしまうのはちょっともったいない気が、
そんなときにはこうしたアイテムを使用して、すこしでもうつくしい見た目に整えるのもおススメです。

●本当に髪の表面にはりとこしをあたえることはできるの?
答えはYESです。
ご存じのとおり、髪の表面は魚のうろこのような細かな組織でおおわれています。そこが油分や組織を失うことで、こしがなくなったりさわりごこちがごわごわしたりすることになります。この組織は死んでいる組織が多く、何かを表面から与えることで、再生するといった物ではありません。
が、油分や美髪系アウトバスアイテムを付けることで、その間を満たすことができ、まだ若い生えたばかりの髪の毛部分のように組織の間をうめてくれます。これによって見た目のつやが生まれると同時に、触れた時にもしなやかさ=はりとこしを生み出してくれます。
また髪の生え際、根元のはりとこしは、毛穴がしっかりと健康かどうか、髪の根元が傷んでいないかといったこととも関係します。
アウトバス系の薬剤のなかには、たとえば育毛効果の期待できる刺激性のあるローションや、毛穴つまりを防ぎ血行を促進してくれる液体、生えたばかりの毛をコートして外気と直接触れさせないようにしてくれるオイル等も多くあります。
こうしたもの継続的に使用することで、新たに生えた毛がのびるにつれ急速に傷んでいくことをふせぎ、髪の生えたてのときにおなじ美しさを長く保ちます。
髪の毛が生え際から寝てしまうのには、髪の細さや傷みによる柔軟性の低さ、また毛穴の過剰な開きや老廃物によるふさがり方による生え際の倒れなどがあるため、こうしたものにもアプローチしてくれる機能をもったアウトバスケア製品を選ぶことでかなり見た目も改善できます。

●いかがでしたか?
ただつけるだけ・・・のアイテムですがじつは効果もさまざま。
アウトバス製品、つけるだけなどといいながらも、見た目上の効果も、髪に継続的に与えてくれる効果もはばがあります。
なかなかお値段のはるアイテムもおおいだけに、効果をしっかりと調べて、また口コミなども良く確認したうえで取り入れることをお勧めします。
髪の美しさに効果抜群とされるアウトバスアイテム、本当に美髪になれる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です