ムダ毛のせいで泣きそう!

私はムダ毛のせいで泣きそうなくらい疲弊していました。疲れ切っていたのです。生えて来る度にやっきになってムダ毛処理していました。
毛深いと思われることを気にして、生えてくるとすぐに処理に当たっていたのです。でもこのムダ毛が厄介で処理が終わったと思ってもすぐにまた生えてくるのです。
抜いても抜いても生えて来るムダ毛を見ていたらもう嫌になってきて精神的に疲れ切ったのです。
そしてムダ毛のせいで泣きそうな精神状態になっていました。
私がムダ毛を気にするようになったのは小学生の頃です。このときにプールでムダ毛のことを言われて泣かされたのです。
私はこの頃から人よりも毛深くって、そのことでショックなことを言われました。それで泣いてしまって大騒ぎになったのでした。
そんなトラウマもあってか、私はいつしかムダ毛を気にしすぎるようになって、病気のように処理に勤しんでいました。
そのムダ毛処理に疲れてしまったのです。
困ったことに疲弊した心がムダ毛の処理をもうしたくないと叫びます。だから私は今の状態を脱出するためにもしなくてはいけないことがありました。
それが脱毛です。脱毛をすることで、自分の悩みを解消できると思うと、脱毛をする他ないと思って私は脱毛サロンへ通ったのです。
今はもうムダ毛のせいで泣きそうになることはありません。
だって脱毛の効果がじわじわと発揮されて、今はムダ毛が減ってきていますからね。満足感に浸れるくらい脱毛効果が出ていて、安心しています。
ムダ毛のせいで泣きそう!